欲しい仮想通貨がどこで買えるのか調べる

 

知らない仮想通貨の名前を耳にしたはいいけれど、どこの取引所で扱っているのか分からない。そんな経験は誰にでもあるはずです。

そういう時は、Cryptocurrency Market Capitalizations(クリプトカレンシーマーケットキャップ)というサイトを利用しましょう。

Cryptocurrency Market Capitalizations

こにHPでは、どの仮想通貨が、どこの取引所で売買されているかチェックすることができます。

 

Cryptocurrency Market Capitalizations の使い方

以下でCryptocurrency Market Capitalizations の使い方を簡単に解説します。

Search Currencies で検索しましょう

欲しい通貨を探したい場合はここの検索ボックスで検索できます。

 

試しにBitBean(ビットビーン)を検索してみることにしましょう。通貨の名称を入力します。

 

bitbとまで入れることで、BitBeanが出てきましたね。これを選択。

するとBitBeanの画面に切り替わりました。

 

ここではチャートを含めたコインの情報を見ることができます。最大発行枚数や供給されている枚数などもある程度はチェック可能です。

Marketsから扱っている取引所が分かります

売買できる取引所を探す場合、Marketsというタブがあるのでここをクリックしましょう。

 

するとBitBeanがどこで売買されているかの一覧がでてきます。

 

Sourceの欄が取引所の名称です。

Pairは通貨ペアですね。

BITB/BTCはビットコイン建てでビットビーンを売買できる、BITB/LTCはライトコイン建てでビットビーンを売買できるということです。

デフォルトでは出来高(取引されている量)の順で並んでいますので、一番上の取引所が最も活発に取引されているところになります。

つまりBitBeanを売買するならBittrexが一番流動性が高くて取引が成立しやすいということが分かります。Volume(出来高)も97%とほぼ独占状態です。

他にもCryptopiaやCoinExchangeといった取引所で取り扱われていますが、取引量が少なすぎるためBitBeanの売買には不向きということになりますね。

BitBeanが欲しいならBittrexに登録する以外の選択肢はありえません。

その他の注意点

自分の買いたい通貨が聞いたことのない取引所でしか扱われていない場合、利用する前にネットで評判を調べておいたほうが良いでしょう。