MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法、日本語表示や送金・入金方法

myetherwallet-registration

 

「MyEtherWallet」は、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETCなどの暗号通貨や、ICOでよく配布されるイーサリアム上のトークン(ERC20トークン)など、多数の通貨に対応しています。

ICOによっては、この「MyEtherWallet」が必須のものもありますし、1つ作っておけば、これだけでいろいろなトークンを管理することができますので、この機会に「MyEtherWallet」を作っておきましょう。


MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法と日本語表示

MyEtherWalletの登録(作り方)は非常に簡単です。

また日本語表示もできますので、まず日本語表示に切り替えてから登録するといいでしょう。

それでは実際に登録しますので、googleなどの検索エンジンで「MyEtherWallet」を検索し、公式サイト(myetherwallet.com)を表示してください。

日本語化とパスワードの入力

myetherwallet-registration21.ドロップダウンリストで「日本語」を選択

2.設定したいパスワードを入力

→最低9文字以上ですが、英数記号3種類を入れて32文字以上推奨

3.「お財布の作成」をクリック

「お財布の作成」をクリックすると、「Keystoreファイル」のダウンロード画面が表示されますので、「Keystoreファイル」をダウンロードします。

このファイルはウォレットにログインするときに必要になりますので、大切に保管しておいてください。

Keystone/JSONファイルのダウンロード

myetherwallet-registration31.「ダウンロード Keystoreファイル(UTC / JSON)」をクリック

→「Keystoreファイル」がダウンロードされるので保管する

2.「理解できました。続けます」をクリック

「理解できました。続けます」をクリックすると、画面が切り替わって秘密鍵が表示されます。

秘密鍵の保存

myetherwallet-registration41.秘密鍵をコピーして保管

2.秘密鍵を印刷する場合は、「お財布情報を印刷」をクリック(推奨)

3.「アドレスを保存してください→」をクリック

この秘密鍵もウォレットにログインするときに使いますので、大切に保管しておいてください。

この秘密鍵が漏洩した場合、このウォレットの中の通貨が盗まれることになりますので、十分注意してください。

また秘密鍵を紛失すると、このウォレットが使えなくなり、保管している通貨が取り出せなくなります。

したがって、パソコンのHDDのデータだけではなく、上述のように紙に印刷して保管しておくことをおすすめします。

銀行口座の暗証番号や、ネット上のサイトなどは、それぞれ管理者がいますので、パスワードを紛失しても再発行が可能ですが、ウォレットは自己管理ですので、秘密鍵を紛失すると復活が不可能です。
その分、ハッキングなどのリスクは軽減されますが、万一にも紛失しないように保管には十分注意してください。

「アドレスを保存してください→」をクリックすると、ウォレットの作成は完了です。

なお、「お財布情報を印刷」は、後述するウォレットへのログイン後でも行うことが可能です。


MyEtherWalletの使い方(ログインと送金、入金方法)

MyEtherWalletはウォレット(財布)ですので、基本的な操作は以下の3点です。

  • ウォレットにログイン
  • 入金アドレスや残高の表示
  • ウォレットからの送金

それでは順に説明していきます。

まずウォレットにログインするためには、MyEtherWalletの公式サイトを表示し「お財布情報を見る」を選択します。

ウォレットにログイン

myetherwallet-registration5

「お財布情報を見る」をクリックすると、ウォレットへのログイン方法が表示されます。

先ほど作成したウォレットにログインする方法は、「Keystoreファイル」「秘密鍵」の2つの方法があります。

どちらでログインしても同じですので、都合のよいほうを選んでください。

Keystoreファイルでログインする方法

myetherwallet-registration6

  1. 「Keystoreファイル(UTC / JSON)」をクリック
  2. 「お財布ファイルを選択」をクリックして、保存しておいたKeystoreファイルを選択
  3. ウォレット作成時に設定したパスワードを入力
  4. 「アンロック」をクリック
秘密鍵でログインする方法

myetherwallet-registration7

  1. 「秘密鍵」をクリック
  2. 保存しておいた秘密鍵を入力
  3. 「アンロック」をクリック

入金アドレスや残高の表示

myetherwallet-registration8

ウォレットのアドレスは画面中央部の2カ所に表示されています。

入金する場合は、このアドレスをコピーして送金元に入力してください。

このアドレスは、このMyEtherWalletが対応している全通貨で共通です。

つまり、イーサリアムクラシックや、他の対応しているトークンなども同じアドレスで入金できます。

保有残高は、画面右側中央に表示されています。

画面右下の「Show Tokens」をクリックすると、このウォレットが対応している全トークンと保有残高が表示されます。

また、ICOで配布されるトークンなど、カスタムのトークンを追加する場合は、「カスタムトークンを追加」をクリックし、ICO運営側から指定されたアドレス、トークンシンボル、ケタ数などを入力してください。

ウォレットからの送金

ウォレットからコインやトークンを送金する場合は、画面上部の「Ether/トークンの送出」をクリックしてください。

先ほどと同じようにログインが必要ですので、「Keyファイル(UTC/JSON)」か「秘密鍵」のどちらかでログインしてください。

myetherwallet-registration9

  1. 「宛先アドレス」に送金先のイーサリアムアドレスを入力
  2. 「送出数量」に送金する通貨の数量を入力
  3. 送金する通貨を選択
  4. 「トランザクションを生成」をクリック

「ガスリミット」は、送金手数料のことで、大きな数量を入力したほうが送金スピードは早くなりますが、通常は21000のままで大丈夫です。

ICOへの送金時など、ガスリミットが指定されている場合は、それに従って変更してください。

またデータの追加が必要な場合は、「Advanced: ガスあるいはデータを追加してください」をクリックして、ICO運営側からの指示に従ってデータの追加を行ってください。

「トランザクショを生成」をクリックすると、「トランザクションの送出」が表示されますので、再度クリックします。

最後にもう一度警告メッセージが表示されますので「はい、確かです。処理を実行します」をクリックします。

これで、送金処理は完了です。

宛先アドレスを間違えると、コインが消失しますので十分注意してください。

宛先アドレスが桁の過不足や無効な数値であれば、入力欄右側のカラフルな丸いアイコンが白く表示されますので、ある程度はアドレス入力間違いを見分けることができます。

なお、トークンを送金する場合は、手数料をイーサリアムで支払いますので、最低でも0.01ETHがウォレットに残っている必要があります。